ダルマとお金

車の処分方法|事故車は買取ってもらうことも可能

修理か買取か

車のおもちゃ

もし、自分が気に入っている車を事故で壊してしまった場合、その事故車を処分するか、修理するかを選ぶことになります。この時、事故の規模が小さく、事故による破損がほんのちょっとしたへこみ程度ならば、板金塗装修理の業者のところに持っていけばすぐに直りますし、買い換えるほどのことではありません。しかし、事故によって車体が歪んだり車軸が曲がった場合は、買い替えたほうが安全です。
車体が歪んでしまった場合、元の状態に戻ることはほぼありません。例えるならば、折り目をつけた折り紙の折り目を消すことができないように、どこかが弱くなってしまいます。そのため、無理に直して運転したとしても、以前のような状態に戻ることはありません。それどころか、以前のような運転ができなくなっているので動きがおかしくなり、運転に変な癖がついてしまうならまだしも事故を起こす原因となってしまいます。それだけではなく、部品の交換費用や修理費用も含めると、新車もしくはきれいな中古車を買ったほうが安上がりだということも珍しくありません。よって、深刻なダメージを負った事故車は残念ですが処分しましょう。
事故車を処分するときは、廃車手続きを行うよりも先に、まず買取業者に連絡しましょう。買取業者によっては車を無料で引き取ってくれるばかりか買い取ってくれることもあります。また、業者によって見積価格も違い、事故車の状態によっても価格は大きく変動します。具体的には、破損の規模が小さいほど買取価格は高くなります。